リフォームローンと担保の有無について

大規模なリフォームになると、数百万円から一千万円超えになるくらい、リフォームはお金がかかることが少なくありません。費用が高くなる現金による支払いではなく多くの場合、ローンを組んで支払っていくということになります。リフォームをする時に利用するローンというと、住宅ローンとリフォームローンのふたつの種類のローンから選ぶことになります。住宅を担保にして融資を受ける住宅ローンと異なって、リフォームローンは個人の信用能力を主な根拠として融資を受けるというローンです。担保の有無が貸付条件に及ぼす影響はとても大きく、低金利で借りたいと思っているなら、担保があるほうが遊離です。担保が有るリフォームローンでは、返済期間を長期にすることが出来るので、月々の返済額を少なくすることが可能になります。1カ月当たりの返済金額を少なくすると、返済の負担が大きくならずに、ゆっくりと返し続けていくことができます。金利が低いローンは審査が厳しくなることや、申込み時の手続きが面倒で時間がかかってしまうというデメリットもあります。無担保タイプのリフォームローンの場合は、審査に通りやすいという特徴があります。審査の結果待ちの時間も短く済み、申込み用の書類作成なども簡単なリフォームローンなら、気軽に借りることができます。金利はやや高めになりますし、1カ月ごとの返済金額も高く設定されていることが、無担保のリフォームローンの弱点です。担保の有無によるリフォームローンの違いをしっかりと確認した上で、利用しやすいローンを選択することが大切です。